頼れる宝塚市の注文住宅会社を紹介します

外観

宝塚市の注文住宅施工例として、外観デザインがオシャレな目を引く住宅を紹介します。

黒い外観が際立つ、風と光を感じられる家

黒い外観が際立つ、風と光を感じられる家
引用元:吉住工務店公式HP
(http://www.yoshizumi.com/co_visit/bnJ20150803230145-91.html)

以前は森にほど近い、一軒家のログハウスに住んでいたというMさんの家は、黒い外観が住宅地に際立っています。
「いつも自然に触れられて、木の肌合いを楽しめるような家が希望」だったそうで、広いウッドデッキや和室と一体になっている吹き抜けのリビングダイニングが、その希望を見事に叶えています。

玄関を入ると、すぐに光が振りそそぐ大きな空間になっているのですが、深い軒があるため、夏は強い日差しを遮ぎって涼しく、冬は暖かい日差しを呼び込むと、とても快適。
吹き抜け越しには、2Fの子ども部屋やカウンターコーナーなどが繋がっているので、たとえば子どもが2Fで遊んでいても、いつも気配を感じることができます。
家族全員が“お気に入りの場所“になるのはもちろん、使いやすい家事動線にもきちんと配慮しているため、快適な生活ができる住まいです。

平屋でどっしりとした仲良し夫婦の終の住処

平屋でどっしりとした仲良し夫婦の終の住処
引用元:吉住工務店公式HP
(http://www.yoshizumi.com/co_kanko_voice/rBV20120910111649-200.html)

平屋でどっしりとした外観が目を引くKさんの家は、今にも仲良し夫婦の声が聞こえてきそうな終の住処として完成しました。
土留めの化粧ブロックと外壁の色を合わせているため重厚感があり、平屋ならではの広さもしっかり感じさせてくれます。

玄関にほど近いウッドデッキ部分は、横格子の塀で目隠しをしているため、デッキに出ているときでも、周囲からの目が気にならずくつろぐことができます。
家に入ると和室とLDKが一部屋になっているので、和室からの明かりも届き明るさも十分。
床の間や大きな押入れ、杉板貼りの天井、ガラスの障子など施工主の希望を取り込んだ落ち着く住まいとなっています。

冷暖房負荷を減らすパッシブデザインの木の家

冷暖房負荷を減らすパッシブデザインの木の家
引用元:ベルハウス公式HP
(http://www.e-bellhouse.com/jirei/work02)

南向きの窓を大きくとったパッシブデザインが最大限に活かされた家です。昼間の外観もさることながら、夜にはリビングの明かりが漏れ出て住む人の存在が感じ取れるスタイリッシュな外観となっています。

窓が大きいため冬場は陽射しをしっかり確保。夏場は軒とバルコニーが作用し、直射日光が室内に入らないようデザインされています。南側のガラスは断熱で冬の太陽の熱は逃がさないように設計。

リビングルームの階段はシンプルかつデザイン性のあるアイアンを採用しており、スタイリッシュな空間作りに成功しています。少しだけ床を高くした和室も設けており、床を上げた分は大容量の収納になっています。

家族スタイルレンガの家

家族スタイルレンガの家
引用元:ハイランドホームデザイン公式HP
(http://highland.ne.jp/example/)

外観はレンガだけどデザインはモダンという個性的な家になりました。レンガ住宅は流行り廃りがないのでいつ見ても魅力的な外観です。年月を重ねればレンガはより美しさを増し、味が出てくるのもまた楽しみです。

レンガ造りの外壁と打って変わってリビングには畳が敷かれています。家族でごろごろしたいからという生活スタイルの要望に応え、畳の持つ風合いを洋風のデザインに上手く取り込み優しく柔らかなデザインに仕上げました。畳敷きの床は一段上げているため腰がかけられますし、ホコリも気になりません。

最近流行しているインナーバルコニーも設置しています。雨が降っても気にする必要なく読書や日光浴、ゆっくりとお酒を飲むなど、色んなことができちゃいます。

宝塚市で注文住宅をまかせるならこの5社!

宝塚エリアに対応する注文住宅会社を厳選し、家づくりのこだわりや口コミなどをもとに、おすすめの5社を紹介しています。

page top